本文へスキップ

自然素材の家の代表的な材料といえば天然無垢材です。

無垢材の変形

無垢材は十分乾燥を

自然素材の家に使われる天然無垢材/無垢材は十分乾燥を

天然無垢材は大きく分けて3種類あり、その違いは木材の乾燥の度合いです。 昔から木造で家を建てる大工は、何年間も木材を干し充分に乾燥させてから 使っていました。 木は乾燥するとねじれや反りなどの変形を起こすからで、使う前に乾燥 しきればねじれや反りなどは抑えられるのです。 昔の住宅は襖や障子で仕切られていただけなので、外で乾燥した程度の木材 でもなんなく対応できました。 しかし現代の住宅は高気密・高断熱で密閉されています。 そのような住宅に乾燥していない木材を使うのは、ちょっと危険です。


変形による不具合

木材の乾燥による変形で起こる不具合に、建て付け不良があります。 サッシや建具を止めている木材が収縮・変形すると、建具などの枠材に影響して 戸が開かなくなったりします。 床が収縮・変形を起こした場合は床に凸凹が発生します。 床が平面でなくなるのでつまづきやすくなって危険です。 またその部分を止めているビスやボンドに押さえ付けられるため、 床鳴りや軋みも起きるようになります。 建物の骨組が収縮・変形すると隙間ができることになります。 隙間風が入り込むようになってしまいますので、冷暖房の効率が悪くなって しまいます。


内部結露

目に見える変形なら補修や修繕も比較的簡単に出来ますが、乾燥していない 木材を使ったことで起きる内部結露は、目に見えにくいのでなかなか気付かない 問題となります。 内部結露は壁の中で起こるトラブルで、表面上はすぐに現れません。 乾燥が不十分なままの木材は、室内の暖気と屋外の冷気が壁の中で混ざり合って 結露を起こし、この結露から連鎖的に問題が発生します。 結露によりカビが発生すると木を腐らせる腐朽菌を呼びます。 そうすると今度は土台や柱が腐ります。 断熱材は水分によって縮んでしまい、室内は温まらなくなります。 また人によってはアレルギーを起こしてしまいます。